スチームクリーナーのスチームファースト

スチームクリーナーのスチームファーストSF-275の購入が高圧洗浄機より洗車にもおすすめ

おすすめポイントその1:洗車時間短縮

スチームファーストというスチームクリーナー使って洗車をしてみたら洗車時間が大幅に激減しました。

新車を購入したりすると、「毎週お休みの日はドライブじゃなくて洗車の日」、なんて時期が誰にでもあるのではないでしょうか?

僕がまさにそうで、車を買ってからというもの洗車が趣味みたいになってしまったんです。「せっかくの車なんだから乗れよ!」って感じですが、休みになると普段買い物とか仕事の移動とかでたまった疲れ(汚れ)がかわいそうで。

だから、週末はドライブではなく洗車を楽しんでいたのだけど、洗車用のアイテムをもっと充実したくなって、「スチームクリーナーが1台あったら良いんじゃないかな?」と思い立ちネットで検索。

色々調べたあげく、安いし評判も良いしアタッチメントも豊富で一番お買い得っぽかったスチームファーストというスチームクリーナーを購入してみました。

最初は別に洗車時間を減らそうなんて考えていなかったんです。だって洗車楽しいですから。でも、スチームファーストを使ってからというもの、「こんなに毎週洗車に時間かけるのってはじめだけだよな」、と気が付いてしまいました。

「どうせ洗車なんて滅多にしなくなるんだったら楽に掃除できた方が結果的にキレイさが維持できて良いだろうな」って。これは僕の中で大きな気付きでしたよ。

おすすめポイントその2:シートの掃除

僕が選んだスチームクリーナーはスチームファーストですが、多分これじゃなきゃいけないなんてことはないのだと思います。だから、スチームファーストを選んだのは気分の問題。安かったし、アタッチメントが多くてお得そうだったから。

ただ、選ぶときに車のシートも掃除できることは必須だと思って探しました。

色々なクリーナーの口コミを見たけど、畳とかカーペットがベチャベチャになってしまうクリーナーがあるんですよ。スチーム温度が低くて蒸発しきらないとかで。

一見手軽そうに見えるハンディタイプのスチームクリーナーは温度が低いから洗車には向いてない。ほんのり湿らすだけじゃ意味ないですよね。

水の加熱方式にもパネル式とかボイラー式とか色々違いがあるようで、原理はよく分かりませんがボイラー式のものが一番温度が高いスチームが出るんだとか。

そのボイラー式が、例えば僕も名前を聞いたことあったケルヒャーとか、あとスチームファーストのクリーナーの方式なんですって。

ケルヒャーとスチームファーストを比べるとアタッチメントの量もお値段も全然違う。ケルヒャーはあれこれオプションが欲しいとか高いグレードのものが良いと思ったらすごく高いんですよ。

だから車の中も掃除できてお手軽価格で買えるスチームファーストにしたんです。

蒸気がたっぷり出るころにサッとシートをなでるようにやるのがコツ。当てすぎると湿る感じはしますし、最初と最後はポタポタと水がこぼれたりしますからね。

見た目には分からないけれど、スチームで車の中を掃除するとニオイがスッキリ取れる気がします。同乗者にタバコを吸われてもあまり気にならなくなりました。

おすすめポイントその3:余計な物が不要

これは盲点だったんですけど、スチームファーストを利用することで洗車道具をあまり揃えなくて良いってことに気付いたんですよね。

僕は形から入る性格なので、道具とかって揃えなきゃ気が済まないタチなんですけど、スチームファーストでの洗車が楽すぎて、それまでに買ってあった洗車バケツとかスポンジとかの出番がほとんどなくなりました。

もちろんあっても良いんですけど、自分の手で磨かなきゃ気が済まないって時期は過ぎたし、手が汚れないならその方が良いかなと思うと、スチームファーストだけ(ふき取り用のクロスは必要)で間に合うのです。

ボディを洗うときもスクレーパータイプのノズルが付いてるからすぐ拭かないと水の痕がつく…なんて考えなくて良いし、フロントやサイドミラーの裏側についてる小さい虫も擦らないで取れるし、無駄に揃えた洗剤はほとんどいらないじゃんって。

もう揃えてあったから盲点というか誤算なんですけど、初めからスチームファーストが1台あれば余計な買い物はなくなります、ということは伝えておきたいです。

そして何より、諸々の洗車道具を引っ張り出してまた仕舞って、といった作業をしなくて済むっていうのが時間短縮の大きなポイントだったりするんですよね。

車に限らずバイクとか持ってる人も、スチームファーストがあると楽で良いですよ。

コンテンツ
HOMEへ戻る